法律の中でもキャッシングに関するものはいくつか存在します

法律の中でもキャッシングに関するものはいくつか存在しますが、そのひとつに貸金業法というものがあります。貸金業法とは、貸金業者の規制に関する法律です。都道府県や財務局に、貸金業として登録をしている業者が、貸金業者と呼ばれるものです。消費者金融やクレジットカード会社が該当にします。貸付する場合には、キャッシング取引は貸金業法が適用となるので、この法律の中で行う必要があるといえるでしょう。貸金業法では事業登録や業務に関する貸金業者に対する規制、社団法人全国貸金業協会連合会や貸金業協会の設立などが法律で制定されています。名称は「貸金業の規制等に関する法律」というもので、施行は1983年11月にされたそうです。2007年に抜本的な法律の改正が行われ、現在の「貸金業法」という名称になりました。2007年に貸金業法が改正されたことにより引き下げられたのが上限金利で、キャッシングがそれ以前より低金利で受けることも不可能ではなくなりました。出資法と貸金業法という2つの法律でそれぞれ定められていた金利の差分である、いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されました。実際にキャッシングを利用するものにとっては、もっと低い金利で借入ができるようになったことはありがたいことです。キャッシング業者の中には、法律で金利が低く抑えられている分、厳しい審査を行うところがけっこうあるそうです。